クレジットカードを知らない人へ

国内でも普及しているクレジットカードですが、一度も使ったことが無いという人も割と多く見かけられます。


それらの人たちはこのカードの仕組みを正確に理解しておらず、勘違いで使用を敬遠している場合があります。



理解を深めればとても便利なカードであることがわかるでしょう。


クレジットカードは決済で使われるものです。


商品を購入するには会計を済ませるようにしますが、お札や硬貨などの現金で済ませるのが一般的です。

この時にクレジットカードを提示すれば、現金を持たなくても決済が終了して、商品の購入手続きが完了します。
カード払いを実行すると、後からカード会社より支払いの請求がやってきます。

毎月締め日が決まっており、締め日までのカード払いの合計金額を、翌月の支払日にまとめて返済する流れです。



カード会社が立て替え払いを行う形で、ローンの支払いとよく似ています。

但し、多くのカードが1回払いや2回払いの場合に金利に基づく手数料が掛からないようになっています。

商品代金だけを後払いする形です。3回以上の支払いだと分割手数料が発生します。

商品ごとではなく、締め日までの合計金額に対し、一定金額で返済するリボ払いという月々払いも用意されています。

ボーナス払いが可能なカードもたくさんあります。


カードで支払うと独自のポイントが貯まり、ポイントで代金を支払ったり、賞品と交換するなどの特典を受けられます。

利用限度額が設定されているおかげで、使いすぎを防止できる仕組みとなっています。