クレジットカードの魅力とは

日本人は世界的に見ても、特に現金による決済が好きな国民性を有しており、反対にクレジットカードを利用することに強い抵抗感を抱いています。

その結果、カード決済の普及率も世界の中で低めです。


しかし、クレジットカードを利用するということはそんなにも怖いことなのでしょうか。



見方を変えれば現金決済をするよりもカード決済をする方が格段魅力的です。現金決済をする上で、一番の問題は財布の中に必要なだけでの現金がなければいけないということが挙げられます。
もし、買い物をしようとするとき必要なだけの現金がなければ銀行やATMに行ってお金を引き出さなければいけません。

もし、この時手数料がかかる時間帯に現金を引き出そうとすると、無駄な出費をすることになります。

しかし、クレジットカードを使って買い物をする場合、カード一枚あれば、人によりますが数十万円単位の買い物がスムーズにできます。

また、現金を財布の中にたくさん入れていると、財布を落とした時にお金を盗られてしまう虞があります。
しかし、クレジットカードであればこのようなリスクを最小限に抑えることができます。



なぜなら、カードを紛失したことに気付いた段階で、カード発行会社に連絡することでカードの利用を停止することが可能です。

そのため、カードの紛失に早く気付ければ、一切他人に利用されることなく済む可能性もあります。

そうでなくても、お店によってはカード決済に暗証番号が必要ですので、現金と比べると他人に悪用されるリスクが格段に少ないです。