クレジットカードと現金払い

クレジットカード払いと現金払いがあるとすれば、ほとんどの人がクレジットカード払いを選ぶでしょう。

ポイントが付くということもありますし、支払いを先延ばしにできるというメリットもあります。

ところが、お店によっては、例えばキャッシュバックとか、お店独自のポイントサービスなどにおいて、クレジットカード払いよりも現金払いのほうを優遇している場合があります。



これはどういう仕組みなのでしょうか。

これは端的にいうと、お店にとっては実はカード払いのお客さんよりも現金払いのお客さんのほうがありがたい存在なのです。



あまり知られていないことかもしれませんが、カード払いされると、お店側は実は一定の手数料をカード会社に支払わないといけない仕組みになっているのです。

ですから、お店にとっては、その一定の手数料の範囲内であれば、カード払いするお客さんよりも現金払いするお客さんを優遇したくなる気持ちも分かるというものです。

しかし、値段そのもので差をつけることはカード会社との契約で禁止事項となっています。



そんなことをしてはカード払いするお客さんに混乱を生じ、不利益を生じるからというのが理由で、値段そのものに差をつけることはできない契約となっているからです。

しかし、キャッシュバックやお店のポイントなどまでカード会社が制限するようなことはさすがにできません。

そういうわけで、そのような点で現金払いを優遇しているお店もあるのです。