同じ支払いならクレジットカードが有利

同じ支払いをする場合には大抵、現金で支払うよりもクレジットカードの方がお得です。
クレジットカードを持ったことがない人は手数料を取られるので、損をするものだと思っている人も少なくありませんが一括払いあるいは二回払いまでは手数料がかからないことが一般的であるため、現金で支払おうがクレジットカードで支払おうが総額は変わりません。



違う点としては現金で支払っても割引やポイントが付いたりすることはありませんが、カード決済の場合には割引特典がある場合やポイントが付与されるので現金よりも得をすることがあるのです。

この場合の還元率はそれほど大きなものではないので、微々たるものだと思うかもしれませんが、通販などを利用するときには無視することができない差になってくることもあります。

通販でカード決済を利用する場合も手数料などは発生しませんが、銀行振込や代引きを選ぶ場合には手数料がかかってしまうことが一般的です。
これらの手数料は数百円かかることが多いので、年間に10回通販を利用するとした場合数千円の差額になってくるため現金払いとカード払いでは大きな差があるのです。



もちろん、極稀に現金特価といった現金のほうが得をすることができるケースもありますが、それを除けば大半はクレジットカードで支払ったほうが有利となりますから、同じ支払いをするのであれば現金を選ぶのではなくできるだけクレジットカードで支払ったほうが良いのです。