クレジットカードとデビットカード

クレジットカードの審査にどうしても通らない人の場合、無理にクレジットカードを作ることを諦めてデビットカードを作るという方法はあります。

デビットカードの場合、特に審査はありませんから、該当する銀行の口座さえ持っていれば誰でも作ることができます。
また、実はデビットカードでもポイントというか、利用額に応じてキャッシュバックを受けることができるものもありますし、年会費無料というカードもありますので、それなりにお得というか、使い勝手がよいものも多いのです。

どうしても店頭でカードを使ってスマートに支払いをしたいという人で、クレジットカードの審査に落ちる人の場合はこのデビットカードを検討してみるのも一つの手です。



ただし、デビットカードの場合は銀行口座に残高が足りていない限りはカードを使うことができません。クレジットカードの場合は銀行口座からは後払いですし、場合によっては分割払いなどもできて、その時点での口座残高が足りていなくても買い物ができることが大きなメリットですが、デビットカードの場合はそうではないのです。



買い物をしようとしたその時点で口座から買い物代金が引き落とされるからで、残高が足りなければ買い物をすることができません。
しかし考えようによってはこれはデメリットではなくメリットと捉えることもできます。

はっきり言えば、使いすぎの心配が完全になくなるのです。

クレジットカードの場合は自分の支払い能力を越えて買い物をしてしまうリスクがありますが、デビットカードの場合はそのリスクはありません。