クレジットカードの不正利用に対する備え

国内のクレジットカードは盗難保険が付いているものが一般的であり、不正利用されてもその代金を支払う必要はありません。


ただし、保険が適用されなければ支払うことになるので注意しなければなりません。

クレジットカードの盗難保険が適用されないものとして、暗証番号の漏洩があります。

誕生日のような分かりやすい番号を設定していたり、極端な例ではカードに暗証番号をメモしておくなどすると適用されなくなるので、簡単には分からないものにしておきましょう。



クレジットカードに盗難保険があると言っても適用される期間があり、その範囲を超えているものに関しては支払うことになります。

カード会社へ不正利用の通知をしてから60日以内のものが対象になる保険が多いので、不正利用に気付いたときはすぐに連絡しておきましょう。



カード会社にも不正利用を検知する仕組みがあり、通常とは異なる利用があれば不正が疑われる利用を検知したと確認の連絡が来ます。


しかし、必ず検知できるものではないので、自分で明細書を見て覚えのない利用記録がないか確認しなければなりません。

クレジットカードには各社で固有のサービスがあるので複数のカードを持っておくと便利ですが、紛失するリスクが高くなり、明細の確認などの管理の手間も増えます。


ほとんど使わないカードでは紛失したことに気付かずに盗難保険の適用期間を過ぎてしまうことも考えられるので、手当たり次第に使えそうなカードを発行するのはやめた方が良いでしょう。